体に健康的な活性水

体に健康的な活性水

活性水ということばをよく聞くようになりました。この活性水は読んで字の如く、活性化された水のことです。では活性化された水とはどのような水のことなのでしょうか?

活性水はエネルギーを持った水

それは、水がエネルギーを持っているということだと思います。エネルギーと言いましても、いろいろな種類があると思います。例えば、沸騰させた水であれば、常温の水と比べたら熱エネルギーを持っているということです。でも、活性水は常温でも活性化されています。これは電気的に活性しているのだと思います。

水は電子(マイナスイオン)を持つと活性化します。つまり電気的にマイナスの水のことを活性水と言っているのだと思います。マイナスの電化を持つと水の分子構造が細かくなって体に吸収されやすい水になると言われています。ですので、このマイナスの電荷であるマイナスイオンをどのように水の中に集めてくるかということで、いろいろな種類の整水器があります。

活性水を作るためには

このマイナスイオンを加えるということで、例えば電子をそのまま入れてしまうような電極を設置する整水器もあれば、金属コア型やセラミックボール型の整水器のように電子を付与する物質を水の中に入れるタイプのものもあります。

電極式ならニューマンウォーター HU-88がおすすめ

ヒューマンウォーター HU-88

当社では、電極を直接水の中に入れるタイプの整水器としてヒューマンウォーターHU-88を扱っております。

この仕組みは簡単に説明をすると電極のプラス極側にマイナスイオンが集まってくる性質を利用しています。そしてそのマイナスイオンが集まってきたところの水を蛇口から出すという仕組みになっています。

また活性水ということで水素水を販売しているところもあります。水素はもともとは水に溶け込むとプラスの電化を持つのですが、そのときに電子を放出する性質があるそうです。この電子が還元剤となって活性化された水が出来るという具合です。

ヒューマンウォーターHU-88の詳細はこちら>>

関連記事

活性水とは
活性水とはどういったものなのか、そしてその効果や作り方についてまとめています。

活性水のお風呂が加齢臭を撃退する!?
加齢臭の原因についてや活性水のお風呂がどのように加齢臭に良いのかをまとめました。

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑