整水器の水をお風呂に入れたい

整水器の水をお風呂に入れたい

毎日飲む水は浄水器の水やミネラルウォーター、あるいは宅配水などのよい水を飲まれることと思います。以前よりも水道水の質がよくなったとはいえ、やはりよりよい水を飲むということは大切なのだと思っている人が多いと思います。ところで、お風呂の水はいかがでしょうか? 毎日入るお風呂ですが、その水のことはあまり気にしないものです。

皮膚から塩素が吸収される!?

皮膚から塩素が吸収される!?

ここで、みなさんに「経皮吸収」という言葉を覚えていただけたらと思います。この経皮吸収とは何かと言いますと、皮膚を経由して何らかの物質が吸収されるという現象のことを言います。最近では、「経皮毒」といって、口からではなく皮膚から経由して体内に入る毒があるということが言われています。

私も以前にある実験をしたことがあります。それは塩素の実験です。水道水の中に塩素が含まれているのですが、その残留塩素の濃度を調べるための試薬「オルトトリジン溶液」というものがあります。これを水道水を入れたコップに数滴垂らすと、水が黄色くなります。黄色くなったら塩素があるという証拠になります。

私が行った実験は、透明なアクリルのコップを2個用意して、その両方に同じ量の水道水を入れます。片方は手の人差し指でくるくると数回かき混ぜます。そのときに、コップの奥まで指を入れるようにしてください。そして、指を出してから、その両方に塩素試薬を入れます。さてどうなると思いますか?

実験の結果は、何もしていない水道水は黄色くなりますが、指を入れたコップの水道水はなんと透明なままなのです。これは水道水から塩素が消えたことを証明します。ではなぜ指でくるくるとかき混ぜたコップの水道水から塩素が消えたのでしょうか? これは、指から塩素が体内に吸収されたことを意味すると思います。これはある意味で塩素が指から経皮吸収されたということになります。

お風呂の水にもこだわりたい

では、お風呂の話題に戻りますが、一番風呂に入る人はどうでしょうか? お風呂の水に含まれているすべての塩素が体から入っていくということです。ですので、中には「一番風呂は体によくない」と言う人もいるぐらいでしたが、そのことがよくわかります。

やはり、お風呂の水も整水器を通した水を使いたいものです。そうすることによって、本当に健康的な水を毎日使うことができるのではないでしょうか?

水道管直結の整水器ならニューG7がおすすめ

ニューG7

当社では、水道管に直結するタイプの整水器としてニューG7をおすすめしております。

ニューG7をご要望の方は、ご自宅の水道管にぴったりサイズのニューG7をご購入いただくためにも、お近くの水道業者に相談をしてみてください。もし、水道業者がわからない方はこちらにてお調べ致します。

水道管に直結するタイプの整水器「ニューG7」の詳細はこちら>>


商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑