家庭でも人気のウォーターサーバー

家庭でも人気のウォーターサーバー

手軽に冷水とお湯のミネラルウォーター出てくるウォーターサーバー。飲用でも料理用でも便利ということで、最近では家庭でも人気のようです。ミネラルウォーターには、海洋深層水、天然水、水素水や活性水、アルカリイオン水など、メーカーによっていろいろな種類のものが出ています。

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、ミネラルウォーターの入ったタンクが設置された給水器です。冷水と温水のどちらでも給水できるので、コーヒーを入れるお湯として使ったり、直接冷水として飲んだりすることができます。

タンクの水は12リットルぐらいの大きさが標準になっています。タンクは大きなペットボトルに入っていて、ボトルを回収する硬いペットボトル・タイプのものと、柔らかいペットボトル・タイプのものがあります。硬いものは青色をしていることが多いのです。タンクの水が無くなったら新しいタンクと交換をします。

ウォーターサーバーの業者によっては、タンクを置いておくスタンドを用意してくれるところもあります。そのスタンドにミネラルウォーターが満タンに入ったペットボトルや空のペットボトルを並べておいておくことができるようになっています。そもそもスタンドがなくても、地面にペットボトルを置いていても問題はありません。

手軽に冷水とお湯が出てくる

さて、ウォーターサーバーを見ると蛇口が2個あります。青い蛇口からは冷水が、赤い蛇口からは温水が出るようになっています。温水の温度は85℃ぐらいだと思います。温水の蛇口は子供がイタズラでお湯を出して火傷しないようにするために、蛇口のつまみがガチョウのくちばしのような特殊な形状になっていて、くちばしの両方をいっぺんにつままないと、蛇口をきちんと押し下げてお湯を出すことができないようになっています。

ウォーターサーバーには冷水と温水を作るための電源が必要で、家庭用の100Vのコンセント電源が使えます。たとえ電源が入っていなくても、冷水や温水が作られないだけで、重力の関係で、きちんとミネラルウォーターは出てくるようです。

ウォーターサーバーのタンクは、水がなくなったら注文をして送ってきてもらう方法と、定期的に水が届く契約方法の2種類があるようです。ウォーターサーバーの用途に合わせて、どちらか都合の良い契約をしてくれるウォーターサーバーを選べば良いと思います。

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑