おいしくお米がたける水

おいしくお米がたける水

美味しいいお米を炊くために

おいしいお米を食べられるというのは、日本人にとって大切なことのよう。おいしいお米の味にこだわる人は、お米、炊飯器、水とこだわりポイントがたくさんあるようです。

○○産のコシヒカリ、ササニシキなどなど、産地と銘柄にこだわられている方も多いのではないでしょうか。

1950年代に自動でご飯が炊ける炊飯器が生まれて、いまだに炊飯器は進化しています。最近では値段が10万円前後の炊飯器が売られていてビックリしました。高火力であったり、玄米でもおいしく炊けたりと、様々な機能が充実してきています。中には、窯にダイヤモンドを使っているものまでありました。このような、おいしいご飯が炊ける高価な炊飯器は、買われる人がけっこう多いようです。

そして、水。

いまやキッチンには浄水器を取り付けることが当たり前のようになってきました。浄水器がなくても、ウォーターサーバーを置いていたり、ペットボトルでお水を買われていたりと、水にこだわる方が増えています。20年以上前に水を買う時代が到来して、水道水以外においしくて健康によい水が簡単に手にはいるようになりました。

水道水は、整水器でおいしいご飯が炊ける水に生まれ変わる!?

でも、せっかく水道水が家に引かれているのですから、この水を活用しておいしい水が飲めたり、おいしいごはんが炊けるとしたら、そちらの方がよくないでしょうか。また、水道水はミネラルが豊富だそうで、おいしくご飯を炊ける要素がつまっています。

水道水を美味しくするには整水器や浄水器を使います。今日は整水器の魅力をご紹介したいと思います。整水器は家の水道水の引き込み口に取り付けします。ですから、家のなかの水全体が、整水器を通過した水、つまり活性水に変わります。

さて、整水器のお水でお米をとぐと、米ぬかがとれ、お米が水をたっぷり吸収します。その結果、ごはんがふっくらと炊きあがります。整水器を導入されたお客様の声として「量子水(ニューG7)の整水器を取り付けてから、一番安いお米しか買わなくなった」と言っている人もいます。いままで味がいまひとつだと思っていた安いお米なのに、整水器の水で炊くと高価なお米と味がかわらなかったからだそう。安いお米でも充分おいしくなるということなのでしょう。

食べ盛りのお子さまのいらっしゃるご家庭も、安いお米でおいしいご飯が炊けるとなると、ご家族にも喜んでいただけますし、お財布にもとってもやさしいなんて、ありがたい限りです。

お水でお米の味が変わるというのは、簡単でいいですね。いろいろなウォーターサーバーや水に関する商品はたくさん出回っていますが、重たいタンクを取り換えたり、定期的にフィルター交換が必要だったりと面倒です。

そこで、先ほど使用者の声でもあった整水器「ニューG7」では、一度取り付けてしまうと、メンテナンスフリーなのがいいところ。水の配達を待っていたり、ストックを置く場所や取り替え、カートリッジの交換などに悩まなくていいというのもポイントが高いです。

整水器にお悩みならニューG-1L

水道管直結タイプの整水器、ニューG-1L

もし、どのような整水器にしようか、ウォーターサーバーにしようか、などとお悩みならば、敷地にある水道水の引き込みグチに取り付けてしまう整水器「ニューG-1L」をおすすめします。

ニューG-1Lは、水を活性化させるコアが従来の4倍で、お値段はほぼ据え置きでお得です。

整水器「ニューG-1L」の詳細はこちら>>

整水器のお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせホームからご連絡ください。お待ちしております。


商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑