お酒を飲んだら大量の水を

お酒を飲んだら大量の水を

アルコールの飲み過ぎのご注意

私自身、整水器ニューG7を通した水道水を毎日飲んでいますが、最近、体調のある変化があり、びっくりしました。それは、最近気づいたのですが、お酒を飲みすぎた次の日でも、二日酔いをしにくくなったということです。整水器のお水を飲むようになったタイミングと、二日酔いをしなくなってきたと感じだしたタイミングが、おおよそ一致するので、「整水器のおかげかな?」と感じています。

ときどき、友達と飲みに行ったときに、話が弾んでついつい飲みすぎてしまうことがあります。先日も、台湾点心のお店で、おいしい餃子を食べながら、紹興酒のストレートを一人でボトル1本も飲んでしまいました。後で「しまった!」と思ったのですが、次の日に何ともなくてびっくりしました。

帰宅してから、愛用の整水器ニューSUN君Wに5回程度通したお水を500ccぐらい飲み、整水器の水を使って沸かしたお風呂に入ってから寝ました。すると、次の日に二日酔いや頭痛がなかったので、「整水器の水が良い影響だったのかな」と思いました。

アルコールの分解には大量の水が必要

アルコールを飲みすぎたら水を飲んでください

さて、お酒を飲んだ後のアルコール分ですが、主に肝臓でアルコール分がアセトアルデヒドに分解されるそうです。そしてこのアセトアルデヒドがさらに分解されて酢酸になって、そして無害な水や二酸化炭素に分解されていくそうです。そのアルコールを分解する過程で必要なのが大量の水だそうです。

飲んだアルコール分がすぐに吸収されることを防ぐためにも、適度な食事をしながらお酒を飲む方が、悪酔いしにくいそうです。また、寝る前にも水を摂取した方がよいとのことですので、私のように帰宅してから整水器の水を500ccぐらい飲んだのは良いことだったのですね。

整水器を通した水の分子の構造が細かくなるので、通常の水よりも体に吸収されやすくなると思います。ですので、お酒を飲んだ後に、整水器の水を飲むことはとても良いことなのだと思いました。

どちらにしても、あまり飲みすぎは良くないですから、お酒の量はほどほどにしてくださいね。

飲食店のお店にも整水器を

もし、飲食店のお店で整水器の水を出したら、お客様に喜ばれるかもしれません。お客様から愛されるために、付加価値の高い水をご提供されてはいかがでしょうか?

整水器の導入をご検討されているなら、TSUCHIYAにご相談ください。お客様の飲食店の状況をヒアリングし、最適な整水器をご提案致します。

松山市内の飲食店限定
整水器「ニューSUN君W」のお試し

ニューSUN君W

TSUCHIYAでは、愛媛県松山市内の飲食店に、整水器「ニューG7」無料貸し出しをしています。

蛇口に接続するタイプの整水器「ニューSUN君W」を1か月間お試しいただき、金属コア型の整水器ニューG7の良さを知って頂くためのサービスです。

ニューSUN君には4種類ありますが、お試しの「ニューSUN君W」は、金属コアが2個入っているので、1回の通水で2回通したことになります。またボディーがステンレス製なので、丈夫で長持ち。

松山市で飲食店を経営されている方で、ニューG7を試したいとお考えの方は、ぜひご連絡ください。

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お風呂の水に関する参考ページ

7.整水器の水をお風呂に入れたい

記事でもご紹介しましたが、毎日入るお風呂の水が活性水ですと、健康的で良さそうです。お風呂の水に活性水を使いたい場合には、水道水に直結する整水器が必要です。

↑このページのトップへ↑