水素水で野菜や果物を育てたら

水素水で野菜や果物を育てたら

水素スティックが流行中!?

水素スティックが流行中

最近では水素スティックをペットボトルの中に入れて、水素水を作って飲んでいる人を見かけるようになってきました。水素スティックとは、親指程度の大きさのスティックを水の入ったペットボトルの中に入れると、その水が水素水になるというグッズです。ペットボトルの中に入った水素スティックから泡が出てきて、水の中に水素が溶け込み、水素水になるという仕組みです。

水素スティックの価格は各社多様ですが、1本あたり2千円から5千円ぐらいのようです。商品によってはお酢で洗浄をしながら、半年間ぐらい使うことができるようです。

そういった水素スティックを使って作った水素水ですが、放置をしておくと水に溶けた水素が出て行ってしまうので、早めに飲み切った方がよいとのことです。

水素水に水素がどれだけ溶け込んでいるのかを調べるには、酸化還元電位計という測定器を使います。酸化還元電位計はポータブルなので持ち運びができるぐらいの大きさです。酸化還元電位計に接続されている測定棒を水の中に入れると、水素がたくさん溶け込んでいる水では電位が下がってマイナスになっていきます。このようにしてどの水がいちばん水素が溶け込んでいるかを調べることができます。

水素水で野菜や果物を育てたら

水素水で野菜や果物を育てたら

昔から「雷であるとシイタケがよく育つ」ということが言われていると過去のコラムでも書いたことがあります。水素水は電子を放出する性質があるので、雷と同じような性質が出てくるのではないかと思います。電子を持っていると、病気に強い野菜になったり、水の分子構造が細かくなるので、しっかりと水が野菜に入っていくということにもなりますし、水が腐りにくいということもあるようです。そういったことから、シイタケではなく水素水を使って野菜を育てると野菜がよく育つと思います。

整水器「ニューG7]は農家に導入された実績がたくさんございます。そして、ニューG7を導入された農家の方々に、普通の水と整水器を通した水の両方で野菜や果物を育て、その違いを調査してもらったこともございます。整水器を通した水は、野菜や果物がよく育ちおいしくという結果が得られました。整水器を使うと、水素水よりも安価でたくさんの良い水を作ることができると思います。

もし、「水素水で野菜や果物を育てたい」と思われる農家の方は、口径の大きな大容量の整水器「ニューG7]の導入をご検討いただけたらと思います。

大口径にも対応の整水器「ニューG7」

フランジタイプの整水器

整水器「ニューG7」は、もともとは産業用に開発されたものですので、大容量のラインナップは豊富です。農業で使用する大量の水を活性水にすることができる、大口径の整水器をご利用なら、ニューG7がおすすめです。

農家や畜産業の方々の他にも水産業など、さまざまな業界でご愛用を頂いています。

農業用水にも最適なニューG7はこちら>>

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑