水素水でおいしいコーヒーを

水素水でおいしいコーヒーを

水素水でおいしいコーヒーを

おいしい水出しコーヒー

やはり、一日の始まりはコーヒーですよね。私は、毎日、整水器「ニューG7」で作ったおいしい水でドリップコーヒーを飲んでいます。

「こだわりのコーヒー」と聞くと、なにをイメージされるでしょうか? 「コーヒー豆へのこだわり」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。○○産の豆だとか、ローストの仕方はどうだ、といったことです。

コーヒー専門店で豆は売っていても、水を売っているところは見たことがありません。有名産地の熟成したコーヒー豆と聞くと、とても美味しそうなコーヒーをイメージします。おいしいコーヒーをいれるのに欠かせないものとして水もあります。どうやらコーヒーに適した水というものもあるようです。

一般的には軟水がよいとされています。軟水でいれたコーヒーは酸味が引き立つそうです。日本の水道水の水は軟水です。普通の水道水を使っても、そこそこおいしいコーヒーが味わえるのです。硬水でいれたコーヒーは苦味が引き立つといわれています。このあたりは、味のお好みの問題になりそうです。

最近話題の水素水

軟水、硬水という分類もありますが、最近、注目されているのが水素水です。水素水は水素を多く含んでいる水のことです。水素を多く含んでいることで抗酸化力があると言われ、美容やアンチエイジング、アトピーなど肌の悩み解決でも注目されています。

市販の水素水で入れたコーヒーは、コクが少し下がる感じがするのですが、まろやかさと豊な香りが出てきます。近所のスーパーで購入した安いコーヒー豆でも、ワンランク上のコーヒー豆を使ったような感じになります。整水器「ニューG7」で作ったおいしい水でも、市販の水素水と同じようにおいしいコーヒーを入れることができます。

なぜ水素水を使ってコーヒーを作ったかと申しますと、個人で経営されている料理店のオーナーから、「水素水を使うと料理がおいしくなる」と教えて頂いたからです。その料理店のオーナーは「お客様においしい料理を提供したい」という思いから、整水器を導入されることを考えられました。その後は、市販の水素水と同様に整水器の水を使って最高の味が出せるように研究をしたようです。

水素水で入れたコーヒーがおいしくなる理由

なぜ水素水がコーヒーをおいしくするかは、水素水の水分子構造の細かさにあるのではないかと思います。水素水のお湯をコーヒー豆が入ったロートに注ぎ込まれると、分子の細かい水がコーヒー豆の細部までしっかりと入り込み、コーヒーのおいしさを引き出すのではないかと思います。整水器「ニューG7」で作った水も同じように水の分子構造を細かくするということが知られています。

水素水の性質

一般的に水素水は、水素が逃げやすいと言われています。高濃度の水素水といっても、実際に飲み物や食べ物として口に入れるまでには、溶け込んでいる水素の量が少なくなっているそうです。それを克服するために、それぞれの製品が専用のパウチにしたり、粒子を細かくして溶け込ませるなど、水素が残りやすくなるように工夫しています。

整水器「ニューG7」を通した水は、加圧したり電極を使用して水素を発生させているわけではありません。水の粒子が細かくなることで、水素を溶け込みやすくしているのです。ですから、時間の経過と共に水素が逃げるのではなく、空気中の水素を溶け込ませていきます。48時間後に水素の含有量が最大になり、72時間後まで水素が残留しているという検証がされています。コーヒーやお茶などの水素水を作るために、ニューG7を使うときには、汲み置きしておいた水を使用すると、よりまろやかさが増すかもしれません。

コーヒーだけはなく、お料理にも水素水を

コーヒー豆のように、お湯で成分を取り出すということであれば、だし汁やブイヨン、ラーメンのスープなどでも応用ができるのではないでしょうか? 実際に、数多くの飲食店でも整水器「ニューG7」をご利用いただけているということは、「整水器が料理をおいしくする」ということの実証にもなっていると思います。

整水器「ニューG7」を通した水は、それだけで飲んでもまろやかで甘みを感じます。さらに料理に使うと素材の味を引き出してくれて、ちょっと料理上手になったような気分を味わえます。わが家では、ホットコーヒーだけではなく、夏には水出しアイスコーヒーにも整水器「ニューG7」の水を使っています。コーヒー独特の苦味がなくなり、口当たりのよいアイスコーヒーを楽しめるのです。また、紅茶、緑茶やごぼう茶などのお茶も楽しんでいます。短時間で、おいしさが引き出されるので、少ない茶葉の量で濃い目のお茶を味わうことができています。

お茶の葉って、なかなか濃く出ないので、抹茶の粉末入りのものや、濃く出るというものを選びがちです。整水器で沸かしたお湯があれば、どんなお茶でもおいしくいただけそうです。

健康に気を使われている方は、水に着目されている方が多く、整水器や浄水器、水素水を発生する機械など、あれこれと目移りしてしまいます。人間の身体は60%以上が水分と言われていますから、毎日身体に取り込む水にはこだわるのは当然かもしれません。

最近のウォーターサーバーの普及具合や、先にあげた水素水のブームなどは、そのこだわりの表れではないでしょうか。

「ニューG7」は水道の引き込み口の取り付ける大型タイプですので、そこから引き込まれた水道水はすべて水素水になります。おいしいコーヒーのためだけに、大型の整水器を取り付けるのは、高価な買い物に感じますが、キッチンだけでなくお風呂やトイレなど、家じゅうの水を良い水に変えられると考えれば、元がとれそうです。

工事不要の携帯できる整水器

「ニューG7」の整水器の性能が気になる方には、比較的安価なマドラータイプの整水器「不思議なマドラー」や、手のひらサイズの整水器「ニューSUN君」(ニューサンくん)がおすすめです。

マドラータイプの整水器「不思議なマドラー」

「不思議なマドラー」は、先端に「ニューG7」に使われている金属コアが内蔵されております。コップに入れた水を、不思議なマドラーでクルクルとかき混ぜるだけで、整水器を通したの同じ活性水になります。

コーヒーやお茶、お酒にも使用できます。コーヒーの場合は、不思議なマドラーで混ぜることで、渋みがやわらぎ、まろやかな味わいになります。コーヒーの渋みが苦手な人には願ってもいないことではないでしょうか。

不思議なマドラーは、カバンにも入る大きさですので、旅先などでも活性水を飲みたいときに最適です。

手のひらサイズの整水器「ニューSUN君」

ニューSUN君

また、「ニューSUN君」は携帯できますので、水道の蛇口に使えるとともに、その他の飲料水を通して使うこともできます。旅先や、入院先など、一般的には整水器や浄水器の類を持っていけないような場所で使うことができるのです。

さらに、TSUCHIYAオリジナルのペットボトル用アタッチメントを使うことで、ペットボトルの水や水道水をペットボトルに入れて、整水器の水にすることができます。しかも、砂時計のように何度も通水することができるうえ、短時間であれば、ペットボトルのまま置いておくこともできて便利です。

一般的によい水と言われても、あなたの味覚や感覚に合うかどうかはまた別の問題のことがあります。いきなり工事が不安ならば、不思議なマドラーや「ニューSUN君」で試してみることをおすすめします。

ニューSUN君の上の白いものとチェーンは何?

お客様からときどき聞かれるのですが、ニューSUN君の上に付属している白いものは「ロート」です。ニューSUN君の上から水を流し込んで、下から出てくる水をコップで受けて、活性水を飲むことができるものです。

チェーンは、ロートの左右に輪になるように取り付けられています。チェーンを水道の蛇口に引っかけるなどして、蛇口にニューSUNを固定せずに、水道水をニューSUN君に通したいときに使用します。

松山市内の飲食店限定
整水器「ニューSUN君W」のお試し

ニューSUN君W

TSUCHIYAでは、愛媛県松山市内のみの限定ですが、整水器「ニューG7」を試してくださる飲食店の方を募集しております。

蛇口に接続するタイプの整水器「ニューSUN君W」を1か月間お試しいただき、「これは続けて使用したい」という方に「ニューSUN君」を販売してそのままご利用いただく整水器お試しサービスも行っております。

ニューSUN君には4種類ありますが、お試しの「ニューSUN君W」は、金属コアが2個入っているので、1回の通水で2回通したことになります。またボディーがステンレス製なので、丈夫で長持ち。

松山市で飲食店を経営されている方で、ニューG7を試したいとお考えの方は、ぜひお電話をください。TSUCHIYAオリジナルのペットボトル用アタッチメントが必要な方は、お問い合わせのときにお申し付けください。

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

コーヒーを美味しく入れるための関連ページ

おいしい水出しコーヒーを楽しみたい方へ

整水器を通した水で、水出しパックのコーヒーを作ったら、通常よりも半分以下の時間で、2倍の水の量の、美味しい水出しコーヒーを作ることができた話題です。

ニューGマドラー「不思議なマドラー」

「ニューG7」に使われている金属コアが内蔵されたマドラー「不思議なマドラー」で、お手軽に活性水を作ることができます。ニューG7を手軽に試したり、旅先でも活性水を飲んだりしたいときに便利です。

↑このページのトップへ↑