化粧水を活性化粧水にする方法

化粧水を活性化粧水にする方法

普段のお化粧で使っている化粧水ですが、この中の水分が活性水になると肌への浸透が良くなって、お肌にとっても良いと思います。そのような活性化粧水をつくる方法をご紹介します。

水素水の化粧水

化粧水

水素水には抗酸化力があると言われていますが、水素水は美容にとっても良いと思います。外の空気に触れている肌はいろいろな大敵があります。その中の一つとして活性酸素です。活性酸素が肌から入ってきたり、肌の中で発生したときにそれを除去してくれるのが抗酸化物質です。その抗酸化物質の一つとして水素があります。

水素水の中に含まれている水素が電子を放出しますが、そうすると水の粒子が細かくなると言われています。粒子が細かくなった水は、肌の中に入りやすくなってきます。ですので、化粧水として水素水を使うととても良いと思います。

当社が販売している整水器ニューG7は、その中を通った水道水は活性水になりますが、活性化された水には水素を通常の水よりもたくさん含んでいる、つまり水道水が水素水になるということが独自の調査で証明されました。

もし、この整水器ニューG7に化粧水を通すと、その化粧水に含まれている水分が活性水になると簡単に想像できますよね。

化粧水を活性化粧水にする方法

化粧水には保湿成分として、ヒアルロン酸やPCA-Naなどの成分が入っています。化粧水の役割は、肌に水分や、そういった保湿成分を補うことです。

水道水にはミネラル成分は含まれているのですが、ただの水道水を活性水にすると、肌に水分を補うことはできますが、ヒアルロン酸やPCA-Naなどの保湿成分は入っておりませんので、化粧水としては不十分だと思います。

そこで、保湿成分の入っている化粧水の中に含まれている水分を活性水にして、活性化粧水をつくる方法があったら知りたいと思いませんか?

方法には2種類あります。

  1. 活性水の横に化粧水を置いておく
  2. 整水器に化粧水を通す

活性水の横に化粧水を置いておく

まず1の方法ですが、ものすごく活性化された活性水が入った容器の横に水が入った容器を置いておくと、その水も活性水になるという効果があります。原理はよく分かっていませんが、物理学のトンネル効果で電子が移動しているのだと思います。

では、ものすごく活性化された水の横に化粧水の入ったボトルを置いておくと、どうなるでしょうか?

ものすごく活性化された活性水

私の話なのですが、いつもの化粧水をスーパーで購入し、たまたま、ものすごく活性化された水が入った瓶を化粧水の横に置いていました。すると、その化粧水がいつの間にかサラサラの化粧水になっていました。それ以来、化粧水を購入してきたら、その活性水の入った瓶の横に置くようにしています。

ものすごく活性化された水は、当社でも試験的に作っておりますので、少しお値段は張りますが、ご相談ください。

整水器に化粧水を通す

ニューSUN君

続いて2の方法ですが、当社で販売している「ニューSUN君」のような取り外しが可能な整水器に化粧水を何回か通すと、その化粧水がサラサラの活性化粧水になります。買ったばかりの化粧水の瓶と、使い切った化粧水の瓶を用意しておいて、化粧水がこぼれないように注意しながら、何回か「ニューSUN君」に化粧水を通してください。

ぜひ、お試しください。


商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑