グリストラップの臭いや清掃の手間を軽減する意外な方法

グリストラップの臭いや清掃の手間を軽減する意外な方法

まず、グリストラップの臭いや清掃の手間を軽減する方法の答えから述べますと、それは、「水を変えること」です。

グリストラップや下水の臭いの原因は油

グリストラップとは?

下水の臭いの原因は油

飲食店とかホテル、病院などの厨房関連で働いている方はグリストラップという言葉をよく耳にすると思います。ところが、そういった所で働いていない方は「グリストラップって何?」と思われるのではないでしょうか?

グリストラップとは、厨房などの油を扱う場所に設置が義務付けられている排水設備の一つで、下水に廃油が流れ込まないようにするための装置です。このグリストラップによって、水と油を分離して、水のみを下水に流すという仕組みです。「あの「下水の臭い」の解消法とは?」でも述べましたが、もし下水に油が流れ込んでしまうと、下水はこの油が腐ってドロドロのヘドロが出てしまって、そこからドブ臭が出てきます。また、廃油が固まって、配管が詰まる原因にもなります。

グリストラップを使っていても、すべての油を分離するということはできないようですので、多少の油は下水に流れていってしまいます。そのため、下水はやはり強烈な臭いがします。

グリストラップの定期清掃

グリストラップは、定期的な清掃が必要です。毎日行う清掃としては、網にひっかかったゴミの掃除、浮いた油の除去、沈殿物の除去です。

毎日清掃を行っていても、やはりグリスやヘドロの汚れが付着してきます。汚れをそのまま放置しておくと、やはり悪臭の原因になりますので、通常であれば清掃業者に、バキュームや薬剤などの専門器具を使って清掃をしてもらいます。

家庭の配水管から悪臭がしてきたら?

家庭でも、シンクの下にある「封水」とか「トラップ」と言われる水溜まりのところに油がたまって、それが固まって下水のような悪臭が出ますし、配管詰まりの原因になります。

油料理をしたあとのフライパンは、油汚れがひどいときはキッチンペーパーなどで油を拭き取り、洗剤でしっかりと油と水を馴染ませてから流すようにしてください。油料理をした後にシンクから油をそのまま流す人がいますが、油を下水にそのまま流すことをしてはいけません。

それでも油分が配水管に流れ込みますので、悪臭が出てくることがあります。そういったときは、理想的には高圧洗浄をしてくれる清掃業者に、清掃を依頼してください。

水道管に整水器を付けるだけで、グリストラップの臭いや清掃の手間を軽減

それでは、冒頭で述べました、グリストラップの臭いや清掃の手間を軽減する、「水を変える」という意外な方法について述べたいと思います。

活性水が少しずつグリストラップの油を溶かす

まずは、活性水の話をしたいと思います。普通の水と違って活性水にはいろいろな性質があります。その中の一つとして、水と油を馴染ませる能力「界面活性力」の高さがあります。

この界面活性力の高い活性水を使って洗い物をすると、油汚れが落ちやすくなるために洗剤の量を少なくすることができるばかりか、グリストラップに溜まる油の量も減ることにつながるようです。

グリストラップに溜まる油の量が減ってくると、もちろんグリストラップの悪臭が軽減されます。そして、活性水が常に流れていると、ともともグリストラップに溜まっていた油が、少しずつ溶けていきますので、グリストラップの清掃の手間が軽減され、臭いも抑えられます。

洗い場の水を活性水にするには、水道管直結型の整水器

ここで、グリストラップの悪臭や清掃の手間を軽減するためには、洗い場の蛇口から出る水を活性水にする必要があります。普通の水を活性水にするためには、整水器を使います。

整水器にはさまざまな種類のものがありますが、蛇口に取り付ける程度の大きさの整水器では、大量の洗い物に耐えられません。そこで、洗い場水道水を活性水にするためには、水道管の本管に直結するタイプの大型の整水器を利用します。水道管直結型でオススメの整水器は「ニューG」シリーズです。

グリストラップの清掃の手間を軽減するなら整水器ニューG7

ニューG7

当社のお客様で、飲食店を経営されている店長から上水管に設置する整水器「ニューG7」のご感想を頂きました。「ニューG7を導入してからグリストラップの油汚れが緩和されて臭いが消えた」とのことでした。

飲食店やホテル、病院などの人が集まる施設では、グリストラップの臭いの他にも、トイレの臭いなど、臭いに関するいろいろな悩みがあるかと思います。そういった悩みを少しでも解消できるのであれば、とても嬉しく思います。

活性水は、グリストラップをきれいにしてくれるだけでなく、ごはんがふっくら炊けるようになったり、厨房の雑菌が軽減したりと、さまざまな効果をもたらしてくれるようです。

<ニューG7の導入事例>

飲食にかかわる業種・店舗などでは、主に次のようなところで整水器「ニューG7」をご利用いただいております。

  • ホテル
  • 料亭
  • 居酒屋
  • コーヒーショップ
  • 病院

整水器ニューG7の詳細はこちら>>

活性水が持つ制菌力

先ほど、活性水は「油を溶かしてくれる界面活性力が高い水である」と述べました。この性質により、グリストラップの悪臭が軽減できるばかりか、洗い物の油汚れが落ちやすかったり、洗濯の汚れが落ちやすかったりします。

活性水には、他にもさまざまな性質があります。その代表的な例としては、雑菌に対する殺菌力です。ニューG7で作った活性水とミネラルウォーターとの比較実験で、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの雑菌がどれぐらい制菌できるかを比較したところ、ミネラルウォータでは変化がなかったものが、ニューG7で作った活性水では24時間後に「検出されず」という結果になりました。

整水器は、グリストラップや排水口の臭い、清掃の手間を軽減するだけでなく、雑菌の繁殖が気になる洗い場のためにもなります。

厨房の清掃を請け負う業者さん用としては、蛇口に接続する小型の整水器もございます。ホースの根元に接続するなどして、普段の清掃作業に、ぜひお試しください。

商品のことや整水器の設置のことなど、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップへ↑